「開発」の記事一覧

情報化社会におけるソフトウェア・エンジニアの役割

ITエンジニア 開発
情報化社会

今、世の中は「情報化社会」と呼ばれています。その少し前は「工業化社会」と呼ばれていました。つまり、現在は工業化社会から情報化社会に移り変わってきているところだとも言えます。「情報化社会」とはどういう事か・・・それは、我々が情報を売り、そして、買う時代になってきたという事です。

レベルは「知識」ではなく「意識」で決まる。

ITエンジニア マインドセット 開発

現在、世の中には ソフトウェアの開発現場が 数多く存在します。 以前、ソフトウェア開発には 現場やプロジェクトに応じて さまざまなタイプがある・・・ という事をご紹介させて頂きました。 しかし、現場によって 違うのはタイプだけではありません。 そこには、明らかな 「レベルの違い」 というものも、存在します。 それでは、その レベルの違いというのは どこから生まれてくるのでしょうか?

「知識」は人を攻撃するためのものではない。

ITエンジニア マインドセット 開発

「知識」・・・ あなたは、この言葉を聞いて どの様なイメージを持ちますか? 知識とは、あなたの経験や 努力の結晶であり、 また、持っていると様々な 問題や課題を解決する時に 役立ちます。 また、誰も持っていない様な 知識をあなたが持っていたりすると それ自体が、お金を稼ぐ手段にも なったりもします。 知識とは非常に便利なものであり、 あなたの力になるものですが・・・

「技術力」は技術者の要素の一部であって、全てではない。

ITエンジニア マインドセット クライアント 開発

二人のお医者さん ある所に 二人のお医者さんがいました。 一人は世界最先端の 知識と技術を持っていますが コミュニケーションが苦手で 患者さんの話も あまり聞こうとしません。 もう一人は 知識や腕は水準以上だけど 最高峰という程ではなく、 でも、患者さんのお話を 親身になって聞き、 そして、状況を分かりやすく 説明してくれます。 さて、あなたは どちらのお医者さんに かかりたいですか?

3以上は「たくさん」 ・・・ 同じ事も3回続けば、偶然ではない。

ITエンジニア マインドセット クライアント 開発

私が小学生の時、 ずっと昔の時代は「3」以上の 数字がなくて、 1, 2 の後は「たくさん」で済ませる・・・ そんな時代があったという 話を聞いた事がありました。 それを聞いて、 当時の私は 「それは、不便なんじゃないか?」 とか、 「昔の人達は、かなりアバウトだったんだなぁ。」 とか考えたりましたが、 人によっては 「それなら算数も楽でいいなぁ」 なんて考えたり していたかもしれいですね。(^^;;

手法だけ変えても変更には対応できない。

ITエンジニア マインドセット 開発

以前、ソフトウェアの開発には 計画型とアイデア型があるという お話をしました。 計画型の開発は きっちり計画を立てて その計画通りに開発を進め、 アイデア型は、 開発途中で出てくるアイデアを 柔軟に取り入れながら、 最初に決めた通りのものを作るのではなく ソフトウェアの価値を最大化する事に 重点を置いて開発をします。

あなたがリーダーになる時 – 優秀なプログラマーである程陥りやすい罠

ITエンジニア マインドセット 開発 チーム

最初はメンバーの一員として 開発作業をしている プログラマー達も 業務経験を積み重ねていくと いずれ、リーダーとして 抜擢される機会が出てきます。 これは当然、優秀である程 リーダーとして選ばれやすいのですが、 しかし、優秀なプログラマーであればある程 陥ってしまう罠があります。 それは、 プログラミングに自分という技術者が使えない。 という事です。

リーダーはプロセスではなく、ゴールを示す。

ITエンジニア マインドセット 開発 チーム

前回は リーダーシップとは 手段を自分で決めて チームのメンバーをそれに 従わせる事ではない・・・という お話をしました。 それでは、リーダーの 仕事とは いったい何でしょうか? それは、 「メンバー達にゴールを示す。」 という事です。 ここで、気をつけるべきは 示すのはゴールであって、 プロセスではないという事です。

リーダーシップのあり方

ITエンジニア マインドセット 開発 チーム

以下は老子の言葉です。 もしあなたが、多くを語らない 良いリーダーであるなら、 あなたの業が成って、 目標が達成されたとき、 彼らはいうだろう、 「われわれはそれを自分でやった」と。 リーダーシップについて 考えさせる言葉です。 リーダーシップというと リーダーが自分で 手段を決めて メンバー達をそれに従わせる・・・ と勘違いしている人も 少なくありません。

ソフトウェア開発はチーム力

ITエンジニア マインドセット 開発 チーム

ソフトウェアは通常「チーム」で 開発します。 ですから、そのチームの 質が高ければ、 質の高いソフトやサービスを 提供できますし、 チームの質が悪ければ それなりのソフトしかできません。 つまり、ソフトウェア開発とは 「チーム力」なのです。 ですから、 個々のスキルがどんなに高かろうと、 それはチーム力の一要素にしか過ぎず、 弱いチームの中では、それが発揮されず 埋もれてしまう可能性も出てきます。

ページの先頭へ