「マインドセット」の記事一覧

私がフリーランス・エンジニアになってやった失敗・・・知り合いからの依頼は要注意

ITエンジニア マインドセット
失敗から学ぶ

現在、私はフリーランス・エンジニアとして起業して、それなりに軌道にも乗ってきていますが、実は、失敗もいくつかしてきています。今回はその中の「知り合いからの依頼」について、お話したいと思います。知り合い・・・とは言っても私が受ける依頼はほとんど、口コミなのでそういう意味では、ほとんどが知り合いから受けていると言っても良いかと思います・・・

良い会社員が良いエンジニアになれる訳ではない

ITエンジニア マインドセット
世の中の役に立とう!

今回はサラリーマン・エンジニアのお話です。サラリーマン・エンジニアとはサラリーマンでもあり、エンジニアでもある立場・・・つまり、会社員と技術者の2つの顔を持っていますが、良い会社員と、良いエンジニア・・・というのは、決して同じではありません。

ソフトウェア・エンジニアが効率を上げて開発スピードをアップする為に必要な5つの原則

ITエンジニア マインドセット
スピード UP

今回は開発スピードアップのお話です。最近はだいぶ「まし」になってきたとはいえ、まだまだプログラマーやSEというのは残業の代名詞の様な仕事です。日々残業しているエンジニアはまだまだ多いですし、仕事が多くて終わらない・・・という悩みを抱えているエンジニアもたくさんいます。

サラリーマン・エンジニアの良いところ

ITエンジニア マインドセット
サラリーマンの良さ

今日は「サラリーマンの良いところ」という話題についてお話をしたいと思います。サラリーマンの良いところと言えば一昔前は「安定している。」「会社に食べさせて貰える。」と言った事が挙げられたと思いますが、今は昔程、終身雇用が保証されている状態ではないのでそういったメリットはかなり少なくなってきました。

エンジニアがやってしまいがちな、コミュニケーションで失敗する3つの事

ITエンジニア マインドセット
失敗する・・・エンジニアのコミュニケーション

今回はエンジニアのコミュニケーションのお話です。 どの様な業種もコミュニケーションは大切ですが、エンジニアは、それが苦手な人も多いという事で、 よく、エンジニアのコミュニケーションが話題、問題にされます。 コミュニケーションと言うと、聞く、話す といったスキルに目が行ってしまいがちですが、私の経験上、それらは、下手でも一所懸命やれば何とかなります。

エンジニアにとっての「読む」「聞く」「書く」「話す」

ITエンジニア マインドセット
「読む」「聞く」「書く」「話す」

普段、我々はコミュニケーションを取る上で、日本語を「読む」「聞く」「書く」「話す」といった場面で使用しています。今回は、エンジニアにとって言葉を使う場面・・・ エンジニアにとっての「読む」「聞く」「書く」「話す」について、考えてみたいと思います。

IT エンジニアといえどもアナログは重要

ITエンジニア マインドセット クライアント
デジタル? アナログ?

IT エンジニアといえば、インターネットやプログラミング等デジタル的なものをイメージしがちですが、意外とアナログも重要です。 例えば私が独立した時にはやはりお客さんを見つけるのには苦労したのですが、それを解決したのはサラリーマン時代の人間関係でした。

早起きをしたければ〇〇を捨てよう

ITエンジニア マインドセット
使っちゃいけない!

今回は、早起きについてお話したいと思います。実は、私は昔から、いわゆる「朝型人間」でした。高校生の時には、学校から帰ったら、夕方6時くらいに夕食を食べてそれから風呂に入り、テレビを1時間程見てから夜8時くらいに寝る・・・・そして、朝(?)3時前に起きたら学校に行く前に、勉強する・・・といった生活をしていました。

ゲームを全て消しました。

ITエンジニア マインドセット
寂しいけれど、さよならだ!

あなたはスマホのゲームをやっていますか?私は以前やっていました。・・・とは言ってもお金を払うのは嫌で無課金で頑張ってレア・アイテムとかキャラクターとか集めて頑張っていましたね。(^^;;最初はほんの息抜きでやっていたのですが、そのうち、昼休みや空いた時間を見つけてはスマホのゲームをやっていて朝、起きたときもなかなか布団から出ずにずっとスマホのゲームをやっている始末。

「信頼」があなたの「期待」に最大限に応えてくれる。

ITエンジニア マインドセット チーム
士は己を知る者の為に死す

「士は己を知る者の為に死す。」これは、中国の古典「史記・刺客伝」に出てくる言葉です。男子たるもの、自分の真価を認めてくれる人の為にならば命さえも投げ出すものだ・・・・そういう意味らしいです。これは、命さえも投げ出す・・・というのはやや言い過ぎかもしれませんが、男性に限らず、現代にも通じるものがあります。

ページの先頭へ