「マインドセット」の記事一覧

「時間」に対する考え方 – 一流と二流の境界

ITエンジニア マインドセット
時間は生命

どの業界にも一流の人とそして二流以下の人がいます。それはIT業界も例外ではないのですが、では、そもそも一流とそうでない人を分けるのは何か?・・・というと、それにはいろいろな要素があります。スキル、習慣、考え方。中でも、私がこれまで出会ってきた、エンジニアや経営者を見てきて面白い様に分かれるのが「時間」に関する考え方です。

創造型エンジニアのすすめ – いつまでも人の指示で動いてはいけない。

ITエンジニア マインドセット
創造型エンジニアのすすめ

ITエンジニアには、自分で考えて動く「創造型」エンジニアと、人に指示されて動く「作業型」エンジニアがいます。これは、エンジニア個々のスキルや性格にやる部分ももちろんあるのですが、会社やプロジェクト等「場所」の影響も多分に含んでいます。例えば、私は2015年にフリーランス・エンジニアとして独立する前は、プロジェクト毎に職場を転々としていましたが・・・

プロジェクト・リーダーとしての残業との付き合い方

ITエンジニア マインドセット
残業させてはいけない。

これまで、エンジニアは残業してはいけないという話はさんざんしてきましたが、今回は、リーダーとしての立場・・・残業させる事についてのお話です。リーダーとして、仕事をしていると、時として、作業が間に合わずメンバーに残業をお願いする事があります。しかし、この残業・・・当然の事ながら、軽々しくさせて良いものではありません。なぜなら・・・

システム・エンジニア、プログラマーの飲み会との付き合い方

ITエンジニア マインドセット
楽しい飲み会♪

今回は飲み会についてのお話です。職場によって、頻度の違いはあれどサラリーマンや、常駐型のフリーランス・エンジニアとして働いていれば、飲み会に誘われる機会も出てくるかと思います。ただ、この飲み会・・・エンジニアによって、さまざまな考え方がある様です。飲み会はコミュニケーションに役立つという人もいれば、飲み会は出ても役に立たないという人もいます。

私がフリーランス・エンジニアになってやった失敗・・・知り合いからの依頼は要注意

ITエンジニア マインドセット
失敗から学ぶ

現在、私はフリーランス・エンジニアとして起業して、それなりに軌道にも乗ってきていますが、実は、失敗もいくつかしてきています。今回はその中の「知り合いからの依頼」について、お話したいと思います。知り合い・・・とは言っても私が受ける依頼はほとんど、口コミなのでそういう意味では、ほとんどが知り合いから受けていると言っても良いかと思います・・・

良い会社員が良いエンジニアになれる訳ではない

ITエンジニア マインドセット
世の中の役に立とう!

今回はサラリーマン・エンジニアのお話です。サラリーマン・エンジニアとはサラリーマンでもあり、エンジニアでもある立場・・・つまり、会社員と技術者の2つの顔を持っていますが、良い会社員と、良いエンジニア・・・というのは、決して同じではありません。

ソフトウェア・エンジニアが効率を上げて開発スピードをアップする為に必要な5つの原則

ITエンジニア マインドセット
スピード UP

今回は開発スピードアップのお話です。最近はだいぶ「まし」になってきたとはいえ、まだまだプログラマーやSEというのは残業の代名詞の様な仕事です。日々残業しているエンジニアはまだまだ多いですし、仕事が多くて終わらない・・・という悩みを抱えているエンジニアもたくさんいます。

サラリーマン・エンジニアの良いところ

ITエンジニア マインドセット
サラリーマンの良さ

今日は「サラリーマンの良いところ」という話題についてお話をしたいと思います。サラリーマンの良いところと言えば一昔前は「安定している。」「会社に食べさせて貰える。」と言った事が挙げられたと思いますが、今は昔程、終身雇用が保証されている状態ではないのでそういったメリットはかなり少なくなってきました。

エンジニアがやってしまいがちな、コミュニケーションで失敗する3つの事

ITエンジニア マインドセット
失敗する・・・エンジニアのコミュニケーション

今回はエンジニアのコミュニケーションのお話です。 どの様な業種もコミュニケーションは大切ですが、エンジニアは、それが苦手な人も多いという事で、 よく、エンジニアのコミュニケーションが話題、問題にされます。 コミュニケーションと言うと、聞く、話す といったスキルに目が行ってしまいがちですが、私の経験上、それらは、下手でも一所懸命やれば何とかなります。

エンジニアにとっての「読む」「聞く」「書く」「話す」

ITエンジニア マインドセット
「読む」「聞く」「書く」「話す」

普段、我々はコミュニケーションを取る上で、日本語を「読む」「聞く」「書く」「話す」といった場面で使用しています。今回は、エンジニアにとって言葉を使う場面・・・ エンジニアにとっての「読む」「聞く」「書く」「話す」について、考えてみたいと思います。

ページの先頭へ