「独立」の記事一覧

フリーランス・エンジニアが自分で営業する為に必要な4つのステップ

ITエンジニア 独立
軌道に乗せる!

今回は、フリーランスとして独立したエンジニアが自分で営業する方法についてのお話です。 IT 業界にはエージェントと呼ばれる人達がいて、その人に任せれば営業をしてもらえるので実はこの業界は自分で営業ができなくてもそれほど、困る事はありません。 しかし、以下の3点において自分で営業ができる様になると、今後の自分のビジネスを有理に進める事ができます。

IT エンジニアが起業したら身に付けるべき3つのスキル

ITエンジニア 独立
技術以外のスキル

ITエンジニアはサラリーマン・エンジニアもフリーランス・エンジニアもその技術力を提供してお客様に提供しています。ですから、「ITスキルはあって当たり前・・・」という事を前提に今回は、ITエンジニアが独立してフリーランス・エンジニアになったら身に付けるべきスキルについて説明していきます。

IT エンジニアが独立後にお金に苦しむ2つの理由

ITエンジニア 独立
お金は血液

サラリーマン・エンジニアとフリーランス・エンジニアではお金の流れが大きく異なる事になります。◆サラリーマンのお金の流れ1.お客様が会社にお金を払う。2.会社が社員たちに分配する。3.税金や年金・保険料を引く。4.交通費等の経費を足す。5.給与として支払われる。◆フリーランスのお金の流れ1.お客様があなたに対してお金を払う。2.交通費等の経費を払う。3.税金や年金・保険料を払う。

フリーランス・エンジニアの最強の営業は、現在のお客様に対して満足を提供する事

ITエンジニア 独立
最強の営業

フリーランス・エンジニアが仕事をする為には何らかの形で仕事を取ってくる必要があります。サラリーマン・エンジニアであれば通常、仕事は営業の人が取ってくるので技術者は入ってきた仕事に対応するだけで済みますが、フリーランスというのは自分で経営しないといけないので、そうもいきません。

フリーランスのプログラマーが仕事を取る4つの方法

ITエンジニア 独立
フリーランスのお仕事

今回は、フリーランスのプログラマーが仕事を取る方法について、お話していきたいと思います。 フリーランスのプログラマーが仕事を得る方法は以下の4つがあります。●エージェントを利用する●クラウドソーシングを利用する●CODEAL (コデアル) を利用する●自力で営業する

そもそも起業が簡単にできるのか?

ITエンジニア 独立
覚悟が大切

今回は「起業」について少し厳しいお話をしたいと思います。 今まで、IT 業界は最も、独立がしやすい業種だという事を何度かお話してきました。 確かに、IT 業界は設備も店舗も仕入れもいらないので、初期投資が安く、最も独立しやすい業種の一つです。 それは、間違いありません。 しかし、そもそもの話として独立・・・ つまり起業が簡単にできるのか? というお話を今回はしたいと思います。

フリーランス・エンジニアが名刺からお客様を集める方法

ITエンジニア 独立
名刺は自分で作ろう

あなたは名刺を持っていますか? ビジネスマン同士の交流・・・お客様との出会い等、ネットではない、実際に人間同士が巡り合うリアルの交流では名刺があなたを知ってもらうツールとして大いに役に立ちます。 この名刺もただ単に所属と名前と連絡先が書いてあるだけの単純なものから、いろいろと趣向をこらしたものまでさまざまな名刺があります。

独立しても仕事が次から次へと流れ込む、エンジニアとしての信頼構築法

ITエンジニア 独立
信頼を築こう

言うまでもない事ですが、どの様な職業でも、お客様との信頼関係を築けなければそのビジネスは長続きしません。信頼を築けなければお客様はあなたに注文する事はありませんし、逆に、信頼関係を築ければお客様は何かあった時に真っ先にあなたの顔が思い浮かび、そしてそれが仕事に繋がる様になります。顧客と信頼を築いていく為には次の3つを意識して下さい。

フリーランス・エンジニアが越えなければならない3つの壁

ITエンジニア 独立
壁を乗り越えろ

サラリーマンとフリーランスではその働き方が、ガラリと変わります。サラリーマンであれば仕事の最終決定権はあなたの上司や社長が持ちますが、フリーランスになると最終決定権者はあなた・・・そして、仕事に対する全責任もあなたが持ちます。フリーランスには越えなければいけない「3つの壁」があります。その壁は何かというと・・・

在宅で働きたいフリーランス・エンジニア必見! リモートワークに特化したマッチングサービス (コデアル – CODEAL)

ITエンジニア 独立
在宅専用

今まで、フリーランス・エンジニアについては、いろいろと述べていてお客様の会社に常駐して働く「常駐型」と、好きな時間、好きな場所で作業ができる「在宅型」がある・・・というお話をしてきたかと思います。在宅型は自由、資産が残る・・・など、いろいろとメリットがあるけれど、案件自体が少ない・・・なんていうお話もしてきましたが、・・・

ページの先頭へ