「ITエンジニア」の記事一覧

「時間」に対する考え方 – 一流と二流の境界

ITエンジニア マインドセット
時間は生命

どの業界にも一流の人とそして二流以下の人がいます。それはIT業界も例外ではないのですが、では、そもそも一流とそうでない人を分けるのは何か?・・・というと、それにはいろいろな要素があります。スキル、習慣、考え方。中でも、私がこれまで出会ってきた、エンジニアや経営者を見てきて面白い様に分かれるのが「時間」に関する考え方です。

栃木県におけるプログラマーの労働状況

ITエンジニア 栃木のエンジニア
栃木のプログラマー

さて、前回は栃木県のシステムエンジニア(SE)の労働状況について、お話しましたが今回はプログラマー(PG)のお話です。今回も平成28年賃金構造基本統計調査を参考にしています。プログラマーは男性と女性のデータがそれぞれ出ていましたが、今回はそれらを合わせて数字を計算しています。

栃木県におけるシステム・エンジニアの労働状況

ITエンジニア 栃木のエンジニア
栃木のSE

今回はサラリーマン・エンジニアに限定した話ですが、栃木県の、システム・エンジニアの労働状況について見ていきたいと思います。尚、数値については以下の厚生労働省のサイト平成28年賃金構造基本統計調査のシステムエンジニア(男)の項目を参考にしています。女性のデータはありませんでした。まだまだ、女性のSEは少ないという事ですかね。

データ解析ソフトウェアの6つの役割

ITエンジニア データ解析SE
データ解析SEの役割

今回は、私が主に携わっているデータ解析ソフトウェアの役割についてお話します。IT技術が進歩した現代においては金融,物流,教育,医療などさまざまな分野でソフトウェアやシステムの利用が欠かせなくなっています。それは、科学(サイエンス)の分野のデータ解析においても例外ではなく、実験や解析など、いろいろなケースでソフトウェアが必要になってきます。

エージェントに頼らない、フリーランス・エンジニアの営業方法

ITエンジニア 独立
自分でできる営業

今回は、エージェントに頼らないフリーランス・エンジニアの営業方法のお話です。エージェントとは、エンジニアに代わって営業をし、仕事を斡旋してくれるサービスの事ですが、まず、前提として私は、エージェントを利用する事は否定しないどころか、最初のうちは、むしろ利用するべきだと考えています。

IT エンジニアに数学は必要なのか?

ITエンジニア データ解析SE エンジニアの数学
エンジニアの数学

今回はITエンジニアの数学についてお話したいと思います。ITエンジニアは「理系」なので、数学が得意だと思われがちですが必ずしも、全てのエンジニアが数学が得意な訳ではありません。むしろ、数学ができるエンジニアは「まれ」と言ってもよく、数学が得意な事が強みにはなっても、数学が苦手な事が弱点にはならない・・・というのが私が、この業界にいて実際に持っている感想です。

創造型エンジニアのすすめ – いつまでも人の指示で動いてはいけない。

ITエンジニア マインドセット
創造型エンジニアのすすめ

ITエンジニアには、自分で考えて動く「創造型」エンジニアと、人に指示されて動く「作業型」エンジニアがいます。これは、エンジニア個々のスキルや性格にやる部分ももちろんあるのですが、会社やプロジェクト等「場所」の影響も多分に含んでいます。例えば、私は2015年にフリーランス・エンジニアとして独立する前は、プロジェクト毎に職場を転々としていましたが・・・

「地方在住」がフリーランス・エンジニアにとって、弱点ではなく武器になる理由

ITエンジニア 独立
「地方」は強み

今回は地方在住のフリーランス・エンジニアのお話です。IT関連の企業が都会に集中しているので、エンジニアも、それに合わせて都会に集中しているのですが、実は、地方のエンジニアには大きな強みがあります。それでも、都会にエンジニアが集中してしまっているのは、都会にいないと不利だと思ってしまう。ただ単に便利だから都会にいたい。常駐案件しか取れないから・・・

フリーランス・エンジニアが在宅で仕事を取る為の3つのマインド・セット

ITエンジニア 独立
在宅エンジニアへの道

今回は、フリーランス・エンジニアが在宅で案件を取る為の心構えのお話です。ITエンジニアの仕事は自宅で仕事をする「在宅型」よりもお客様の会社に訪問(通勤)する「常駐型」の案件の方が圧倒的に多い為、在宅型の仕事を取るのは、なかなか大変です。ですが、以下の心構えを持っておく事により、在宅型の案件を取れる確率はかなり上がります。

フリーランス・エンジニアが案件を選ぶ上で見るべき5つのポイント

ITエンジニア 独立
案件は選ぼう。

今回は、フリーランス・エンジニアが実際に仕事をする「案件」を選ぶ時のお話です。 エージェント経由で仕事を選ぶ時や、 自分のところに複数の相談が来て仕事を選ばなければならない時など・・・ どの「案件」を受けるべきか選択を迫られる事があると思いますがその時に選ぶポイントは5つあります。

ページの先頭へ