在宅専用

今まで、フリーランス・エンジニア
については、いろいろと述べていて

お客様の会社に常駐して
働く「常駐型」と、

好きな時間、好きな場所で
作業ができる「在宅型」が
ある・・・

というお話を
してきたかと思います。

在宅型は自由、資産が残る・・・
など、いろいろとメリットが
あるけれど、案件自体が
少ない・・・なんていうお話も
してきましたが、

最近、在宅案件に関して
新たなサービスを知りました。

 

CODEAL (コデアル)
https://www.codeal.work/

 

実は、このシステムを
運営している、
コデアルの代表の愛宕さんという方と
お話をしたのですが、
エンジニアの経験がある方の様で

● エンジニアはもっと自由に
働けて良い。

● 仕事の遅い人が、
残業代で多くのお金を
貰えるのはおかしい

・・・ など
いろいろな面で価値観を
共有する事ができました。

 

そして、このシステムも
エンジニアとしての
経験を生かして作られたものの様で

● すべてリモート(在宅) 案件

● 時給 2,500 円以上で中抜きなし

・・・ と、
共感した価値観を
全面に押し出したシステムで

「自分が独立したばかりの時に
これがあれば・・・」

と感じずには
いられませんでした。 (^^;;

 

でも、ここで気になったのが
「時給」という言葉・・・

 

在宅で時給って何? ・・・
と思って、その辺りのお話を
お伺いしたところ・・・

報酬の金額を

「時給」 x 「作業時間 (見込み)」

で計算する為のもので、特に、
時間を何かで管理している様な事は
ないとの事・・・

つまり、100時間見込みの作業を
80時間で終わらせても
100時間分の報酬が
もらえるという事で

「仕事の速い人、超有理♪」

な仕組みでした。

ですから

「だらだらと仕事をやって
残業代で稼ごう・・・」

というエンジニアにとっては、
都合が悪いかもしれませんが、
(今時、だらだらと残業させて
くれる企業はなかなかありませんけどね)

「自分はこれから
この腕一本で食べていこう」

というエンジニアにとっては、
マッチする案件が見つかれば
かなり理想的な
仕組みなのではないかと思います。

 

案件の数も
一般的な、常駐型の契約を主に
扱っている、エージェントと比べれば
劣りますが、

しかし、在宅の案件が
世の中で圧倒的に少ない事を考えると

「よく、これだけ集めたなぁ」

というくらいは揃っています。

 

今後、エンジニアの働き方が
新しくなっていくかも
しれないですね。

 

在宅での案件を探している
エンジニアの方は
是非、試してみると良いのでは
ないでしょうか?