スマートワークを意識

あなたは、たくさん仕事を
していますか?

もしくは、たくさん仕事している人を
どう思いますか?

日本人は昔から
働き者だと言われ、
また、そんな働き者の私たちの
両親や祖父、祖母達、ご先祖様達が
これまでの日本の成長を
支えてきました。

それは、感謝すべき事でもありますし、
日本人として誇っても良い部分だと
思いますが、
しかし、頑張ったらその分
必ず報われるかと言うと、
必ずしもそうではありません。

実際、世の中には
少ししか働いていなくても
大きな成果を出す人もいれば
寝る間を惜しんで働いていても
なかなか成果の出せない人もいます。

それは、なぜかというと

成果= 効率x 時間

で得られるものであり、
時間とは一つの要素にしか
過ぎないのです。

しかし、我々日本人は
働き者である事・・・
つまり、たくさんの時間働く事が
美徳とされてきた一面があり
どうしても「効率」よりも「時間」の
方を重く見がちです。

それは、サラリーマンの給与の
仕組みにも反映されていて、
「効率」や「成果」は上げても
それがなかなか報われない・・・

もしくは報われるまでに
時間がかかりますが、
「時間」の方は
時給や残業代という形で
それが、やった分だけ
すぐに反映される様になっています。

しかし、その時間にも
限りがあります。

我々は誰一人の例外もなく
1日に24時間、
1年に365日という時間が
割り当てられます。

そして、その時間は
仕事にだけ割り当てて良いものでは
ありません。

仕事をする時間の他に

休む時間、
家族と過ごす時間、
趣味の時間、
自己成長する時間

限りある「時間」という資源を
さまざまな事に割り当てなくては
いけないのです。

そして、それらの時間は
今後のあなたの生活や仕事の質にも
直結しています。

・・・つまり、
あなたが、さまざまな事を削って
仕事に費やした時間は、
目の前の業務や
評価、金銭と引き換えに
今後の可能性を
犠牲にしてしまっているのです。

確かにプロである以上、
成果は出さなければいけません。

しかし、それには
まず「時間」の方ではなく
先に「効率」を見直す・・・

つまり、時間をかけて
一所懸命働くハードワークではなく
効率的に業務をこなす
スマートワーク

心がけていって下さい。