質量分析インフォマティクス研究会ワークショップで講演させて頂きました。

10月7日(金) に
質量分析インフォマティクス研究会
http://ms-bio.info/
のワークショップに参加して
「Made in Japan のオープンソース・ソフトウェアを世界へ・・・
質量分析データ表示・解析ソフト Mass++ の現状と今後の展望」
というタイトルで、講演させて頂きました。

http://ms-bio.info/2016ws.html

「質量分析」という研究分野に
関わる様々なプロフェッショナルが
講演される中、
私はソフトウェア開発者の立場から
ソフトウェアに関する背景や
普段行なっている
質量分析データ表示・解析ソフト Mass++
の概要や活動報告を行なわせて
頂きました。

最後のパネルディスカッションでは、
質量分析の研究分野を
どの様にしたら、盛り上がるかという事を
全体で話し合い、
また、それ以外の時間でも
様々な研究者の方達と意見交換をさせて頂き
非常に有意義な時間を過ごす事ができました。

関係者の皆様、当日はお疲れさまでした。

今後の我々の活動が
この分野に貢献できる手助けが
少しでもできれば幸いです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お知らせ

プロフィール

田中 聡

Trans-IT [トランジット] 代表

Mass++ ユーザー会 代表

略歴
1998年 東京工業大学理学部情報科学科卒業。2000年 北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究課卒業。
塾講師 (高校数学・物理) を経験した後、2001年に IT 業界に就職。 主に研究者を対象とした実験データの表示・解析ソフトを開発する。2015年4月にフリーランスとして独立。Trans-IT [トランジット] を立ち上げる。現在は栃木を拠点にソフトウェア開発を行なう傍ら、ホームページ作成やプログラミング講師、専門学校非常勤講師といった業務も行なう。主な実績は こちら
得意分野
数値計算、2次元・3次元の表示機能の開発、
変更や拡張に強いソフトウェア設計
趣味
トライアスロン
PAGE TOP